パチカンのブロードバンド・リポートCATV編 

 1999年の春、J-COM浦和・与野が試験サービスを始めた時から利用してきました、利用してみての感想です。

速度
 テスト時の 8Mbps → 250kbps程度 → 700kbps程度 → 2Mbps(現在)と変わってきましたが 時間帯による速度の上下動は少ないと思います、これは”混雑時に確保できると思われる速度”より 低い値で制限をかけているからではないかと思います。(テスト時は上下動がありました)
 制限しなければモデムの能力の8Mbps出るのでしょうが混雑時にはガクンと落ち込むのではないでしょうか、 ここらへんは業者の考え方次第ですね。 個人的には一定の速度の方が好みです、常に速度差を意識させられるのは結構なストレスになると思います。
 上りは128kbpsの制限です、サーバ運用は禁止ですしこれでいいかなと思います。低い値で制限しないと ファイル交換系のソフト使用者が何時間も続けて帯域を独占してしまう可能性があり回りのユーザーが とても迷惑しますから。
 参考として現在の測定値をあげておきます、色々あって重いのでリンクにしました。

信頼性
 現在は安定してましてつながりにくい事などもありません。一年以上前に数日つながらないことがあり J-COMから接続料金を1,000円減額するという申し出がありましたがレアなケースだと思います、それと J-COMの責任ではありませんが水道屋さんが工事中にケーブルを切断してしまい一日ほど不通になって しまったこともあります。
 ただメールサーバがダウンする事が数ヶ月前までありました、仕事で使うなどの理由で完璧な メール環境が必要な人はJ-COM以外のメール・アカウントも必要かもしれません。(追記 10月下旬にもダウンしてしまいました、やはり問題あり)
 一度ケーブルモデムが故障したことがありますが素早く対応してくれました。自宅に来て貰い モデム交換となりましたモデムはリースですから無料でした、二重丸です。

料金
 これは高いです、二年前には6,500円でもそれだけの価値がありましたが現在では他のブロードバンド・サービスと 比べると5,800円(9月に値下げ)は高すぎます。企業努力で三千円台の実現を望みます。
 初期費用も結構かかります、ケーブルを引いてくる工事が必要なので一戸建てだと35,000円です。 ADSLと比べると高価です、もっともADSLだって電話線を新規で引いてくれば八万円以上かかりますが。

複数台同時接続
 追加一台につき1,000円の追加料金が必要です。ルータの使用は禁止されてますがセキュリティの点から これはぜひ許可して欲しいと考えます。(実際にはルータを使っても文句を言われたという話は聞きませんけれど・・・)

まとめ
 速度は2Mbpsで8MbpsをうたっているADSLに比べると一見見劣りしますが、電話局との距離により 速度が激変する事が無く、どこでも1.6〜1.8Mbps程度は確実なので比較的高レベルではないでしょうか。
 問題は料金です、メール・アカウントは6つもいりませんしホームページ・スペース50Mもいりません、 ニュース・グループも無くてもいいですし、中途半端なコンテンツなど誰も見ません、これらは必要な人のみ 別料金での契約でいいのではないでしょうか?その分の値下げがいいと思います。 サポートの有料化で人員削減という方向も検討して値段を下げないと競争に勝てないおそれがあります。
 CATVサービスの経営も難しい時世でしょうが初期費用をかけているユーザーが一番困るサービス停止という事態 だけは避けて欲しいです。

 *利用をやめてから8Mへの増速とルータ使用解禁をしています、現在の状況についてはわかりません。



Top CATV
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO