静的IPアドレスでICS 

 ICSの欠点というか特性なので仕方ないのですがサーバ機はクライアント機に先立って電源を 入れねばなりません。これを怠るとクライアント機の起動時間が1〜2分長くなるしネットワーク全くが 使用できなくなります、これはサーバ機をDHCPサーバとして動作させておき、クライアント機は 起動時にIPアドレス・DNS・ゲートウェイなどの設定をサーバ機から受け取っているからです。
 クライアント機の設定を手動で入力しておいて固定IPアドレスで運用すれば、起動順序は気にしなくていいし インターネットを使わない時にはサーバ機の電源を入れる必要がなくなります。ただしこの使い方は Microsoftのサポート外です。(ちゃんと動作しますが有料の電話サポートなどでも相手にしてくれません)

 コントロールパネルからネットワークをクリックしIPアドレス・タブを開きます。



 OKは押さずに次へ(WINS設定タブ)


 ICSサーバのIPアドレスをゲートウェイに指定します。


 ホスト名にはコンピュータ名でも入れといてください。


OKで再起動します。ただし無理やりドメインのメンバーにされてしまうJ-COM系の方は この設定では使えない可能性があります。J-COMでの設定法

この方法はルータを使っている場合でも使えます
ルータのDHCPサーバを停止してからゲートウェイをルータアドレスに、DNSサーバアドレスをルータアドレス 乃至はプロバイダ指定のものにします。



Top

.

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO